霧の森・霧の高原(株式会社やまびこ)

メーカー, 小売・流通, サービス・その他, 食品・飲料・農林水産, ホテル・旅行・観光・冠婚葬祭, レジャー・外食・アミューズメント

地元特産の無農薬茶で地域活性化に取り組んでいます

あふれる大自然を肌で感じる地域活性化の拠点

仕事に疲れてもふと顔を上げると窓の外には緑があふれ、心を和ませてくれます。こんな贅沢な環境で仕事ができるのは田舎ならでは。
地域おこしだから、3セクだから、と堅苦しく考える必要はありません。若い社員が多く、自由な気風にあふれています。ちょっとした思いつきが採り入れられ、大きな成果につながることもしばしば。個々の自由なアイデアが観光客を楽しませ、その結果として地域住民が誇りを持てるなら三方よし。これほどやりがいのある仕事はありません。

地域の希望の星となるか「霧の森大福」

地元特産の無農薬抹茶を贅沢に使った「霧の森大福」は、お取り寄せが倍率100倍の抽選となる人気を誇り、地域活性化のカギを握っている重要なアイテムです。
「霧の森大福」の人気の秘密が地域特産の新宮茶にあるとなれば、新宮茶の価値はさらに高まって需要を喚起することができ、またお茶の栽培に取り組んできた地域住民が自分たちの歩んできた道が間違いではなかったと感じることができます。
これこそが弊社の目指す地域活性化の道筋であり、これからも新宮茶の価値を高めるためにはどうすればよいのかを一番に考えてまいります。

企業名 霧の森・霧の高原(株式会社やまびこ)
本社住所 〒799-0301 愛媛県四国中央市新宮町馬立4491-1
業種 製造、販売、サービス
募集職種 製造、販売、サービス、企画、広報
雇用形態 新卒、既卒、中途
事業内容 地域おこしの担い手として、地元の第3セクター・株式会社やまびこが運営している観光施設です。
観光施設「霧の森」のほか、キャンプ場「霧の高原」を運営し、また施設内の工房で地域特産の無農薬茶を贅沢に使用した菓子等を製造・販売しています。
設立 1998年6月
代表者 篠原実(四国中央市長)
資本金 125,000,000円
従業員数 77名

© The City of Shikokuchuo.