四国中央市の魅力

四国中央市ってどこにあるの?

*

四国中央市は、愛媛県の東側にあって、香川県、高知県、徳島県に隣接しているんだよ。
四国全ての県に隣接していて、四国の高速道路が交わる市なので交通の便がとっても良いんだよ!
四国内の各県庁所在地まで、だいたい1時間くらいで行けるんだ!

愛媛県四国中央市
四国中央市から各県庁所在地までの所要時間
  松山市 高松市 徳島市 高知市
四国中央市 75分 65分 96分 61分

四国中央市の気候は?

*

四国中央市は、春や秋には日本三大局地風の一つといわれる「やまじ風」が吹いたり、冬には雪が降ったりもするけど、一年を通じて雨は比較的少なくて、晴れの日が多い瀬戸内特有の温暖な気候でとても過ごしやすいよ。

*

四国中央市って自然がいっぱいだね

*

四国中央市は、法皇山脈と呼ばれる山々とたくさんの魚が獲れる燧灘、
ダムを水源とする銅山川からの水資源が豊富な市だよ!
季節の花々や美しい渓谷、自然の癒しを得られる滝など、四季折々の自然が楽しめるスポットが沢山あるよ。

*

四国中央市の産業は?

*

四国中央市は、日本を代表する紙産地として有名だよ。
「パルプ・紙・紙加工製造業」では、作られた紙製品の出荷額が11年連続で全国1位!
「日本一の紙のまち」なんだよ。
みんなが使っている紙製品も四国中央市で作られたものかもしれないね!

他にも、美味しい産業としては、里芋や山の芋が特産品として生産されているよ。
豊かな水から作られた地酒や無農薬のお茶、新鮮なイワシから作られる「いりこ」など
海と山の恵みをいっぱいにうけた特産物が作られているよ。

*

四国中央市の歴史って?

*

四国中央市は、「宇摩」と呼ばれていた地域で、旧石器時代からの歴史があるんだ。
江戸時代には、人やモノが交流する地域として文化が発展したんだ。
四国中央市の代表産業である、製紙業も江戸時代からあるんだよ!
紙産業の特徴や歴史を学べる資料館や施設などもあるよ。

*

このサイトは、四国中央市から委託されて管理運営しています